おまとめローンを考えている方へ。ローンだけあって、良いことも、悪いこともあります。ちゃんと理解した上でおまとめローンを組むことをオススメします。

今までローンや、キャッシングをいろいろなところに作ってしまうと、支払日がバラバラになってしまいがちですし、ローン終了がわかりにくなります。なるべく新規で、お金をかりると自動車操業状態と言って、どんどん膨れますので避けましょう。

そこで、おまとめローンという、ローンがあることをご存知ですか。

まずは自分の今の状況を確認するべきです。総借入額、借入利息、など。

おまとめローンについて説明していきたいと思います。

おまとめローンとは、いろんな金融会社からかりてしまったローンやキャッシングを一度お金をかりて、すべて返済し、その返済したお金が一つのローンになります。

ローンを一つにすることによって、毎月の支払い額は、少なくなりますが、それによって長期期間にわたって返済していかなければならないのも、事実です。

しかし、さっきも言いましたが、良いことも悪いこともあります。そこで、おまとめローンのメリットについて詳しく説明したいと思います。

一番のメリットは、やっぱり、ローンやキャッシングを一本化するのですから、お金をかりてローンにすることにより、一番もったいないと思っている金利を減らし払っていくことです。

何件もローンやキャッシングをくんでいると一つのローンにたいし、金利が毎月いくらと、つきます。

しかし一つのローンにまとめることによって、一つのローンの金利しかつきません。商品によっては、借金額が大きければ大きいほど、一つにまとめることによって今までの払っていた金利より、安くなることになるでしょう。
今まで何個も払っていた金利を減らすことができます。それによって、今まで払っていた金利を返済にあてれるということです。とてもいい条件だと思いますよ。

何個もローンやキャッシングを作り金利をはらっていた分を返済にあて、早くローンを終わらせることができるのです。

他には支払日が統一されます。バラバラに払っていると気が落ち着かないでしょう。一つにまとめることによってうっかり払い忘れていたと言うこともなくなります。いつ終わるのか、一つ一つ把握しておくのも大変です。一つしかローンがないと考えれば少しは、気持ち的にも楽になるでしょう。一つにすることによってお金の管理をしやすいですし、ローンが終わる日を知っておくと、終わる日まで、毎月決まった金額を支払います。いくら払ったと把握しやすいでしょう。

しかし、それに対しデメリットもあります。お金を借りているのに、デメリットが存在するのも確かです。お金をらかり一つにまとめることによってデメリットも知っておくべきです。おまとめローンにしたあと、追加で、ローンやキャッシングをたすことは一切できません。

おまとめローンにし、急な大きなお金がいることになってもローンやキャッシングをくめないのです。おまとめローンにしたうえ、他のカードを作ると違反になる原因になりますので、気をつけてください。

それと、審査に通らない場合や、希望の金額を借りれないこともあります。それは、いろんなとこにローンやキャッシングを作って一つにまとめるわけですから、信用の問題で、把握できてないくらいローンやキャッシングがあると思われても仕方ないでしょう。そういった面でも、審査も厳しくなります。

そこで、おまとめローンを、申し込む場合の注意点です。

もちろんですが、さっき言ったように、おまとめローンにして一つにしたわけですから、他のカードを解約しておくべきです。

それと、メリットにも書いてありましたが、一つにまとめることによって、毎月の支払が軽減できるのがいいところでした。それなのに、金利が高いところに申し込むと毎月の支払は、高くなります。一つにした意味がなくなります。金利が安いところを選びましょう。

他には、おまとめ目的と言っておかないと、払わなくていいお金まで払わなくちゃならなくなってしまうといけないので、はっきり伝えておくことも、大事です。

次は、おまとめローンの審査基準について、説明します。

もちろん、お金をかりるのですから、通常の審査と同じくとても厳しい上に、借金額も大きいですので、それ以上に厳しい審査が待っています。

まず、年収です。年収は、よくても、悪くても、そんなに関係ありません。他人にお金を貸すというのは、信用問題ですから、もちろんカードの滞納があると、通りません。他のカードも滞納し、払えないのに、これからローンを組んで、払えるという保証がないからです。銀行系列では、細かいところまで、チェックされるそうです。

よって、過去の返済履歴も確認されます。今までのローンを期限に遅れずにちゃんと払っていれば問題ありません。そしたら、何が信用できるのかというと、長く同じ会社に勤めているかが問題です。どんなに仕事を頑張っていて給料がよくても、仕事を始めたばかりだと認められません。給料が安くても、どんだけ長く地道に働いているかの安定をもとめられます。会社に電話がかけられ、本人が在籍しているかどうかの確認をとられます。お金をかりるのに、嘘は許されません。

年齢は、20歳以上65歳以下になっております。

そこで、オススメするのが三井住友銀行グループのモビットです。金利額が優しいですし、限度額が五百万円からですし、実質年率、4.8パーセントから、18.0パーセントです。

利用残高によっては、四千円からです。お金に余裕がある時など、まとまったお金ができたときなどには、追加で返済することもできます。ローンの、期間が長ければ長いほど利息を払わなくては、なりません。

余裕がある時は、早く返済し、少しでも利息を払わなくていいように返済すると無駄なお金を使わなくていいでしょう。最長期間は7年です。今書いていたことを把握し、違反してなければスマホでも簡単にすぐ申し込めます。

ローンを一つにまとめる前に、ちゃんと計算したうえで、自分のライフスタイルにあった返済を心がけましょう。