最近は成功している女性起業家が目立つ

最近はいzンと比べて女性が起業独立する方が多いように思います。
そして男性よりも女性のほうが成功している確率が高いようにも感じます。
それはなぜでしょうか?

私の知り合いの女性は子育ても終えて、そこそこの年齢になってから起業独立しました。
彼女の強い点パは子育てや主婦の生活を何十年も経験したことで、主婦目線で物事が見えるという点です。
この世の中、ほとんどの商品は主夫が一番重要な決断sン派です。
お金を出すのは夫でも最終決定権は主夫にあるのです。
でも、それが男性にはわかりあm線。
小難しく考えすぎますし、机上での調査ばかりです。
彼女は新しい商品を開発した時には実際に試用してもらって率直な意見や改良点を求めていました。
しかし、そのあたりは男性はやはりプライドも会って素直に意見を他人に求めることはできあm線。
ましてその商品のターゲットが自分より下の世代であったのならばなおさらです。

良い意味で女性は図々しい方が多いものです。
わからないことは素直に聞いてきます。
男性がは意外と人に質問することが苦手なのです。
若い男性ならまあしも、祖底の年齢にもなってそこそこの役職になっていれば
「こんなことも知らないのか?と
ばかにされないか?」
と不安になるのです。
男性と女性ではそこでスピードの差が生まれてしまいます。

男性はなんでも自分ひとりでやりたがりあmす。
それに比べて女性のほうが人に頼ることがうまいのには驚かされます。
女性のほうが自分の「できること」「できないこと」「特異なこと」「苦手なこと」をきっちりと把握している気がしてならないのです。
自分の「できないこと」「苦手なこと」を他人に話したり相談することにあまり躊躇することはありません。
だからこそ行動がとても速いのです。

あるけふぇの女性オーナーは
「地元にお洒落なカフェがなかったから」
ただそれだけでなんと自分でカフェをおーオウンさせてしまいました。
案の定、大繁盛でいまではアルバイトもたくさん雇うほどです。
男性ならここまでパパっと決断はできません。
きこえのお助け隊 評判

簡単にできると思ってはいけない

いま世の中には色々な情報が溢れています。

情報商材だけでなく、ブログによる情報発信やyoutubeなどによる動画での情報発信、プライベートラジオみたいなものもありますね。

その中には、副業収入を得たい人や新しい収益の道を模索している人に向けた情報もたくさんあります。

しかし、注意してください。

『誰でも簡単に』系の情報に目が止まってはいませんか? 心を動かされかけてはいませんか?

それも無理のないことです。

溺れる者は藁をもつかむ、ですから。

ネット副業に少しでも手を付けたことがあればおわかりだと思うのですが、世の中では何百万稼いだとか、始めたらすぐに稼げたとかいう話が出回っていて自分も簡単に稼げると思っていたのに、現実は『まったく稼げません』。

そして、ここでいわゆる『養分』になる人が生まれます。

ここに至って、なお『簡単に』を求める人は、もれなく『養分』になります。

冷静になって考えてみて下さい。

そんな簡単に稼げるならば、世の中金持ちばかりだと思いませんか?

いやいや、それは簡単に稼げる情報を知らないからで……。

違います。

そもそも、そんなものなど世の中にはありません。

簡単に稼いでいるように見える人たちは、その簡単に稼げる仕組みを作り上げるまでに、多くの資金や労力を投じています。

なら、はじめて1ケ月でとかいうのは?

嘘、ポジショントーク、あるいはすぐに使い物にならなく瞬発的な手法のいずれかと断言できます。

なぜなら、もし本当に誰もが大した準備期間もなく短期間で永続的に稼げる方法なんてものがあったとしたら、その情報の価値はいくらぐらいになると思いますか?

何百万ではないと思います。

つまり、その手の話は眉唾と断じてまず間違いありません。

では、有用な情報はないのか?

いえ、そんなこともありません。

有用な情報もあります。

ただし、本当に有用な情報であれば、1か月で誰でも簡単に100万円稼げるとかは謳ってはいないでしょう。

ネットビジネスの可能性は青天井です。1か月で100万円稼ぐ人なんて、それなりにいます。

ただし、彼らの足元には信じがたい同じ夢を見た人の屍が転がっています。彼らは、もれなく選び抜かれた人たちです。

なので、稼げるようになる可能性は間違いなくありますが、誰もが簡単にではないということを十分に認識しておきましょう。

たとえばサイトアフィリエイトならば、こういう記事作成を何百と重ねた末に目指せる高みです。

エトワールボーテ

楽して稼ごうなどと考えている人は、そもそもその心構えの時点で負けているので必死で努力する群れからは脱落します。

だから、楽な方に逃げた時点ですでに『稼ぐ』という目標からは遠ざかるでしょう。

むろん、独立などは夢のまた夢になります。

精神論ではありますが、気をつけたいところですね。

独立を考えている人がやっている「いい情報」を集めるための習慣

ビジネスハウツー本にはうpぃ「異業種交流会」や「勉強会」などに接歔欷的に参加して人脈を広げることが大事と書かれています。
でも、それで人脈が広がえうなんて簡単なものではないことはあなたもたくさん「異業種交流会」や「勉強会」に参加してわかっているのではないですか?
異業種交流会や勉強会で何百枚の名刺交換なんかしたって何の意味もありません。

あなたに質問したのは
「人脈を築く目的はなんですか?」
ということです。
人脈を築く最大の目的は良い情報を集めるため
私はそう考えています。
まわりにはまだあまり知られていない秘密の情報
自分の仕事に役に立つ有益な嬢やアドバイス
それを得るために一生懸命人脈をひろふぇているのではないでしょうか?
だからこそ偉業h巣交流会や勉強会での名刺交換などただの顔合わせでしかないのでネットワークを広げるという意味ではないのです。

「いい情報」を集めたいなら「自分から積極的に情報発信する」
これに勝るものは無いのではないでしょうか。
いまは便利な時代です。
誰でも情報発信が簡単にできます。
ブログ
SNS
その気になれば簡単にいつでも情報発信できます。
それが役に立つ情報であれば、拡散されてあなたのブランド力は格段に上がっていきます。
「◎◎という分野の専門家ならあなた」
そんなイメージが作れるのです。
そうなってくるといろいろな方から相談事が舞い込んできます。
そんな相談ごとに嫌な顔ひとつせず、いろいろなアドバイスをしてあげることであなたはいろいろな人に貸しを作ることができます。
マーケティングの世界では「返報性の法則」といものがありあmす。
人は何かしてもらうとそのお返しをしないと気持ちが悪くなるのです。
その人がまだ世間胃は知られていなくてあなたに役立つ情報ならいの一番にあなたに教えたくなるのです。
あなたの顧客になりそうな人が知り合いに現れたらあなたを紹介したくなるのです。

情報発信をあなたからするのは、いい情報を集めるための第一歩なのです。
自分のサインが欲しい

まずはまわりの人にあなたが◎◎の専門家ということ知らせなさい

独立後にまず頭を悩ますのが「集客」です。
ですから独立前にこの「集客」の道筋だけでも付けておかなくてはいけません。

そこで、あなたが毒利前に行っておかなければいけないのは
あなやがまわりの人から「あの人は◎◎の専門家だ!」
と認識されるようにしておきましょう。

口コミの力はすごく強力です。
まして、あなたのまわりの人はみんなあなたとは面識のある人ばかりです。
あなたが◎◎の専門家だと知っていれば、独立後はあなたの強力な営業マンになる可能性があるからです。

あなたが
・自分の得意なこと
・他の方に役に立つこと
を日頃から首位にアピールしておきましょう。
在職中は個人的に相談することが出来なくても独立後なら正々堂々と相談できます。

ポイントは「なんとなく?」という程度でもかまわないということです。
あなたが会社のホームページ作成に携わったのならばそのことを積極的にアピールしておきましょう。
あなたが会社の経理でこんなことをこんな風に解決したことを周囲にアピールしておきましょう。
もちろん、会社の機密事項は教えては問題ですが・・・

あなたのまわりの人はさらに他のたくさんの人とかかわっています。
その人たちから日常的にいろんな相談を受けています。
そんな時に
「あ?◎◎といえばあの人が詳しいぞ」
と主出してもらえれば紹介してくれう可能性はグッと上がります。

まあ、少しは誇張してもいいかもしれません。
もともとあなたの真有の人はそのことに関して詳しくはありません。
ですからちょっとしたことでも「やっぱり、あの人は◎◎に関してはすごい」というイメージさえ作りあげればいいのです。

きっとそれは簡単なこともあれば、難しい難題のこともあります。
それを一つ一つこなしていけばきっとあなたの独立後の仕事は何もしなかった場合と比べてかなり楽になっていくはずです。

あなたはなにの専門家といえますか?
それをきちんとまわりの人にアピールしていますか?
それが独立後の仕事と少しでも関連するのなら積極的にそれをアピールすることも考えておいてくださいね。
ポケットワーク 体験 給料 いくら

意外と値下げよりも値上げで売れることもある

これから独立を目指す方に知っておいて欲しいのが売れない時に「最終的に値下げする」ことだけに逃げないことも知っておいて欲しい。
値下げだけが商品を売りやすくする方法とは限らんばいのである。
言い換えると値上下の告知が心理的脅迫効果を利用する方法もあるのです。
値下げは売るほうにとってはそれ以降、利益が少なくなってしまうことですが、日時を指定してあえて値上げ宣言をすることで利益が下がることはありません。
子の販売手法は今までその商品に関心はあるが購入魔d寧は至らなかった顧客にアピールすることができます。
この手法はいわゆる定番商品ではなく季節ものの商品のサイクルが短い場合に有効な手法です。

でも値上げの理由がないとお客も納得してくれません。
そんな場合は商品の希少性をアピールするの有効です。
つまり、あえて多くは売りたくない(あくまでポーズだけど)姿勢を演出するのです。

■実質的な値上げをこっそり行う
キャラメルに溝があるのをご存知ですか?
このキャラメルの溝は原材料の値段に応じてその深さを調節していることを知っていましたか?
おろらく多くの方はそこまで考えずにキャラメルを食べていることでしょう。
キャラメルの溝で原材料の原価を調節しているのです。
※現在では量の調整には使われていないらしいですが・・・
昔の手法であってもその着眼点には驚かされます。
最初に考え出した人はすごいですよね。
あなたのこれから独立するビジネスになにか生かせることはないですかね?
なにも商品にこだわるだけではありあmせん。
営業時間や営業日でも短縮することで実質の値上げという場合もあります。
例えば独立するビジネスがスポーツジムならば月に2か休館日を設けることでインストラクターの人件費もおpさ得られます。
月に2日きゅかんびを設けたことでスポーツジム利用料の値下げを言ってくる利用者はあまりいないと思います。
1か月ではそんな大きな効果にみえなくても1年単位で考えればその金額は馬鹿にならないと思います。
にゃんがーど 口コミ

独立した会社のホームページを作る時に気を付けること

いまはなんといってもインターネットと事業は切り離せません。
ですから独立を考えているなら、独立後の自社のホームページを作ることは避けられません。
しかし、とりえあえず作ったホームページではなんの利益もそこからは生まれません。
何も考えずに作ったホームページではお金をどぶに捨てるようなものです。
しかし、そこで高額なお金を投じて立派なホームページを作ろうと考えているなちょっと考え直してみてくださいね。

■ 金額とホームページのアクセスは比例しない
確かに高いお件をかけて作成したホームyページはおしゃれできれいでかっこいいものです。
高いお件をかけて依頼したホームページ制作会社から納品されたホームページの出来栄えにきっとあなたは自己満足してしまうでしょう。
でも、それをアップ(一般公開)してからあなたが思うのは
「あれ?全然 ホームページからの問い合わせがないぞ・・・」
という厳しい現実です。

【大切なことはホームページ制作会社にあなたの会社の想いや強みを伝えること】
実はホームページ会社にはたくさんの会社のホームページを作成しているので、予めある程度のテンプレート的なものがあります。
そこにあなたが独立して作った会社の写真や商品の写真や文章を適当に入力して終わりです。
まずそこには熱い想いがありませんし、そのホームページをみたお客様もわざわざ問い合わせや商品購入するまでのいきっかけにはなりません。
しかし、それもある意味仕方ないのです。
なぜなら、ホームページ制作会社に
あなたの会社の強み
あなたの会社の商品のセールスポイント
なんてわからないのです。
離婚 住宅ローン 妻が住む
あるラーメン店の方はホームページ制作会社に何度も自分のラーメンを食べさせました。
ある美容サロンはホームページ制作会社の担当者に無料でサービスを受けさせました。
そのうえでホームページ制作を開始させたのです。
それくらいのことまでしなくて、お客様に伝わるホームページは制作できません。
また、多くのエンジニアは技術ばかりに目を奪われてかキャッチコピー力などかけらまない人も少なくありません。

【結論】
おまかせで作ったホームページなどクソの役にも立ちません。

立つ鳥跡を濁さず!独立はきちんと引継ぎしてから

独立することが決まったらもう気持ちは独立後のことばかりですよね。
でも、気を付けて欲しいのは
立つ鳥跡を濁さず
きちんと引継ぎをしなければなりません、
おそらく独立する仕事は今の仕事や業界になんらかの関係があるはずでは?
もしかしたら独立後も何らかの手助けなどが必要になることもあります。
また悪評が経ってはいけません。
きちんと引継ぎを行いましょう。

■引継ぎ・残務処理のスケジューリング
独立のための退職日が決まったら上司と相談して引継ぎの段取りやスケジュールを考えましょう。
通常退職の1か月ほど前から1週間前までの期間を目安に業務の引き継ぎをし、また引き継ぐべき事柄を整理しておきましょう。
スムーズな引継ぎをするために引継ぎノーとなる物を作っておくこともお勧めです。
仕事の内容や手順、資料の保管場所から収集方法まできるだけ詳しく書いたノートを作成し、これをもとに引き継ぐ相手に説明していきます。
どうして引継ぎノートを作成するかというと、引き継ぐ相手からすれば1回の説明では覚えきれないことが多いのです。
あなたが独立退職後に以前いた会社の引継ぎ担当者から何度も何度も電話連絡があれば独立後の仕事にも大きく影響します。
そのたえにも引継ぎノートを作成して説明後にもそのノートをもとに引継ぎ担当者が困らないようにしてあげましょう。
ソラノメ soranome 口コミ

■後任者を連れての車内や社外の取引先のあいさつ回り
後任者を連れてのあいさつ回りは社内の関係部署だけでなく社外の取引先にまわる時に大切なことは
後任者を立て自分はわき役に回る心配りも大切です。

①引継ぎの手配を上司と相談する・
②引継ぎノートを作る
③業務全体と車内での位置づけの説明
④業務内容の詳細説明
⑤個別業務のポイントと進捗状況
⑥個別業務同士の優先順位
⑦個別業務ごとのトラブル発生例とその対処法
⑧個別業務ごとの今後の見通し
⑨必要書類・資料の所在と保存法と活用法
⑩書類の書式と書き方
⑪参考図書・雑誌・新聞等情報源
⑫業務に関連する人脈(者に¥社外)
⑬取引先別仕事の経緯と業務のポイント
⑭取引先担当者の人柄・子のみ・接待に使う店
⑮取引先別起こりやすいトラブルと対処法
⑯先輩や上司の性格と付き合い方(社内)
⑰自分の独立後の連絡先
⑱これらをまとめた引継ぎノートの所在
⑲後任者を連れてのあいさつ回り
⑳挨拶状の印刷

お客さんの心をわし掴みにするには「歴史」と「ウンチク」を語れ

もし、あなたが独立後に販売する商品やサービスが独占的な物ではないのなら
他社でも?他店でも?売っている物なら気を付けて欲しいことがあります。
それは
「お客さんは単にその商品を買うのではなく、その商品の歴史やウンチクに大きく影響される」
ということである。

ホッチキス販売の最大手会社にマックスというカビ式会社があります。
そこのホームページには
ホッチキスの発明者
ホッチキス発明の経緯
ホッチキスの構造
ホッチキスの進化の歴史
などなどウンチクがたくさん紹介されています。
いつも普通に使っているホッチキスですが、その歴史や経緯を知ればなんとなくホッチキス自体に愛着がでてきます。
ちなみにホッチキスは商品名で正しい英語は「Stapler」です。
しかし今では「ホッチキス」=「マックス」というのが普通の常識です。
まあ、ここまでくれば絶対的強者の立場は揺らぐことはありません。

■独立を考えた時にその会社の自社ホームページの構成に頭を悩ませていませんか?
多くの会社が自社ホームページの構成に頭を悩ませています。
たんなる
・会社概要
だけではあまりアクセスの集まることは無いからですし、またそのホームページから売り上げがあがることは期待できません。

■ホームページには鳥篤明商品の歴史やウンチクも役に立つ

ホームページで毒いつ後の会社で取り扱う商品やサービスの「歴史」やあまり知られていない「ウンチク」を紹介していくのもはいかがでしょうか?
また
「便利な使い方」「意外な利用法」なども
いいかもしれません・
そんな会社ならば親切な会社として直接的にしろ間接的に好印象が得られます。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

■独立後の会社で取り扱う商品やサービスの「歴史」や「ウンチク」を語り、その道のプロであることをアピールせよ

どうして独立後の階差hで取り扱う「商品」や「サービス」の歴史やうんちくをホームページやブログ、」SNSで語るのか?
それは「あなたがその道のぷろであること」を相手に直接的にしろ間接的にしろ、キチンと認識させることがもくてきです。

その歴史やうんちくを見たり読んだ人が
「へぇ~」
「ホォ~」
「なるほどね」
なんて感じればもうあなたはその道の詳しい人 つまりその道のプロとして認識されますからね。

独立前の「無料相談」で「人」「お金」「情報」を集めなさい

「無料相談」で「人」「お金」「情報」を集める。
これは独立を目指す人の多くが行っていることです。
まあ、言い換えれば独立のための種まきですよね。

経験も積んだ
勉強もした
資格もとった

しかし、まだまだ経験も勉強も不足しているのも現実です。
そこでいきなり
「お金をもらおう」
ではなく無料相談から始めるのです。

教えられる立場から教える立場に
お金を支払う立場からお金も貰う立場に
その中間に位置づけられるんもが無料相談なんです。

無料相談の形でスタートすれば多少の失敗は「無料だから」という逃げ道もあります。
もちろん無料だからと言って手を抜くのは言語道断ですけどね。

とにかく無料相談でお客様の悩みがどこにあるのか?
どんなお客様が多いのか?
これは独立前に必ず把握しておかないといけないポイントです。
おそらく独立を考え出した頃のターゲットやニーズとはかなりかけ離れていることでしょう。
そんな美味しいお客さんなんかなかなか現れないものです。

今の時点での
クオリティを高める方法
ニーズを満たす方法
を独立前から実験していくのです。

NEWスーパーM コロナ ハンドドライヤー

■駆け出しのころは「何でも屋」も覚悟しなさい

独立するのは前職の延長ですか?
それとも全くの異業種ですか?

今一度ここで冷静になってください
なぜお客さんはあなたに仕事を依頼するのでしょうか?
その理由はまだあなたにもわかっていないでしょう。
そして
何が自分の強みなのか?
それも漠然とぼんやりしていると思います。
しかもその多くは自分の自覚しているものとはかけ離れていることが多いのです。
あなたが自分で考えている強みが必ずしもお客様が勧化ているあなたの長所とは限らないのです。

だからこそ独立したての駆け出しのことには「何でも屋」になりましょう。
仕事を選ばずに何でもやりましょう。
意外なビジネスのヒントがそこにあるかもしれないのですから・・・・

無料相談で少々自分の想定している業務とは違う分野でも積極的に解決していく努力をしていけば
「この人、こんなことまで解決してくれた」
「この人、こんなこともできるんだ!」
それが独立後の顧客開拓に役に立ちますよ。