おまとめローンの審査基準とは一体何か?

おまとめローンの審査基準は収入と支出のバランスを確認されます。まず収入ですが、自身の年収(総収入)を確認されます。これは総額が分からなければ毎月もらう給与明細の収入を一年間全て足して出すか、簡単に出すなら源泉徴収票を見れば一目で分かります。総収入が記載されています。

この総収入に対しておまとめローンは総収入の1/3までの借り入れが国の法律で認められています。つまりこの総収入によって借り入れ出来る基準が決まるのです。

だいたいの目安として覚えておいて欲しいのでもちろんきっちりこれだけ借り入れが出来るという保証出来るものではありません。

次に支出ですが、審査においてはこちらの支出を重視するおまとめローン会社もあります。支出とは借り入れをしているかどうかということです。

もしおまとめローン申し込み時に他社からの借り入れがあればもちろん借り入れ出来る総額は年収の1/3から引いたものになりますし、おまとめローンでなくてもクレジットカードで返済が出来なかったり、過去にトラブルがあれば審査の対象となる可能性はあります。

おまとめローンの審査基準とは

おまとめローンの審査基準のひとつに「信用情報」という言葉があります。おまとめローンを利用する上で絶対的な言葉で審査や契約の際に必ずおまとめローンスタッフの口から出てくる言葉です。

「信用情報機関に照合して」などとおまとめローン会社も使うこの信用情報というものが、お金を貸し借りするうえで最も必要な信頼性に繋がっているのです。

ではこの信用情報機関とはどのようなものなのか?

過去に金銭でトラブルを起こしていないかその人の履歴が残されている機関です。

何もトラブルがなければそのまま審査はスムーズにすすみますが、過去にクレジットカードの未払いや他社のおまとめローンの返済でトラブルがあった等と履歴が残っていれば調べられれば分かってしまうことなので当然審査にも大きく影響します。

まずは自分自身過去や現在にそのようなトラブルが無かったか事前に確認しておくだけでも審査において余裕をもって望むことができると思います。信用情報機関に自ら問い合わせても教えてくれませんので。