おまとめローンを利用する場合の注意すべき点は計画性です

おまとめローンをご利用になる際に充分に注意しておく事は、借り入れを起こす目的と返済計画です。おまとめローンの場合その利用目的は問われておりませんので、契約限度額まではいつでもどこでも自由に借り入れをする事が出来ます。

その為、借り入れを起こす目的が明確になっていない場合、ギャンブル等の個人の遊び目的で有ったり、返済の為の借り入れを起こしたりする事になってしまいます。又、返済計画はご自身の自由に出来るお金の範囲内の設定にする事が必要で、その範囲を超えてしまっての借り入れは、返済不能に陥ってしまう可能性があります。

又初めての方がおまとめローンを利用して陥ってしまうのでが、借り入れ初期の毎月の返済金額の少なさにあります。例えば10万円借りた場合の返済額は5千円程度のなると考えますが、この毎月の返済の5千円が後の大きな負担になって行く場合があります。いずれにしても計画的な借り入れと計画的な返済が必要です。

利用限度額は出来るけど、金利が下がらない!

おまとめローンは銀行および消費者金融のどちらでも、契約者が利用限度額の増額を申し込めます。

また、利用状況により金融機関側から増額案内が行われることもあります。利用限度額が増額された場合、キャッシングの利便性は高まるものの、金利の見直しがされないため、現実的には高い利息を払い続けることになります。

銀行おまとめローンの場合、利用限度額に応じ金利が固定されているケースがあるものの、100万円を超える限度額からなどハードルは高くなります。

また、初回契約時の審査において金利が設定される場合、契約時の金利が適用され続けるため、信用度が高くなっても金利条件の契約更新に至ることは稀なケースになります。

そのため、利用限度額を増額するよりもより低い金利で契約出来ることが重要です。

結果として、金利条件の見直しがされない場合、一度完済をしてしまい、別のおまとめローンを契約した方が低い金利になる可能性があるため、契約更新の際は利用限度額よりも金利条件の見直しに注目することが重要です。