Author: threeword

おまとめローンの審査基準を解説しました!

おまとめローンの審査基準とは一体何か?

おまとめローンの審査基準は収入と支出のバランスを確認されます。まず収入ですが、自身の年収(総収入)を確認されます。これは総額が分からなければ毎月もらう給与明細の収入を一年間全て足して出すか、簡単に出すなら源泉徴収票を見れば一目で分かります。総収入が記載されています。

この総収入に対しておまとめローンは総収入の1/3までの借り入れが国の法律で認められています。つまりこの総収入によって借り入れ出来る基準が決まるのです。

だいたいの目安として覚えておいて欲しいのでもちろんきっちりこれだけ借り入れが出来るという保証出来るものではありません。

次に支出ですが、審査においてはこちらの支出を重視するおまとめローン会社もあります。支出とは借り入れをしているかどうかということです。

もしおまとめローン申し込み時に他社からの借り入れがあればもちろん借り入れ出来る総額は年収の1/3から引いたものになりますし、おまとめローンでなくてもクレジットカードで返済が出来なかったり、過去にトラブルがあれば審査の対象となる可能性はあります。

おまとめローンの審査基準とは

おまとめローンの審査基準のひとつに「信用情報」という言葉があります。おまとめローンを利用する上で絶対的な言葉で審査や契約の際に必ずおまとめローンスタッフの口から出てくる言葉です。

「信用情報機関に照合して」などとおまとめローン会社も使うこの信用情報というものが、お金を貸し借りするうえで最も必要な信頼性に繋がっているのです。

ではこの信用情報機関とはどのようなものなのか?

過去に金銭でトラブルを起こしていないかその人の履歴が残されている機関です。

何もトラブルがなければそのまま審査はスムーズにすすみますが、過去にクレジットカードの未払いや他社のおまとめローンの返済でトラブルがあった等と履歴が残っていれば調べられれば分かってしまうことなので当然審査にも大きく影響します。

まずは自分自身過去や現在にそのようなトラブルが無かったか事前に確認しておくだけでも審査において余裕をもって望むことができると思います。信用情報機関に自ら問い合わせても教えてくれませんので。

おまとめローンを利用するときの注意点とは?

おまとめローンを利用する場合の注意すべき点は計画性です

おまとめローンをご利用になる際に充分に注意しておく事は、借り入れを起こす目的と返済計画です。おまとめローンの場合その利用目的は問われておりませんので、契約限度額まではいつでもどこでも自由に借り入れをする事が出来ます。

その為、借り入れを起こす目的が明確になっていない場合、ギャンブル等の個人の遊び目的で有ったり、返済の為の借り入れを起こしたりする事になってしまいます。又、返済計画はご自身の自由に出来るお金の範囲内の設定にする事が必要で、その範囲を超えてしまっての借り入れは、返済不能に陥ってしまう可能性があります。

又初めての方がおまとめローンを利用して陥ってしまうのでが、借り入れ初期の毎月の返済金額の少なさにあります。例えば10万円借りた場合の返済額は5千円程度のなると考えますが、この毎月の返済の5千円が後の大きな負担になって行く場合があります。いずれにしても計画的な借り入れと計画的な返済が必要です。

利用限度額は出来るけど、金利が下がらない!

おまとめローンは銀行および消費者金融のどちらでも、契約者が利用限度額の増額を申し込めます。

また、利用状況により金融機関側から増額案内が行われることもあります。利用限度額が増額された場合、キャッシングの利便性は高まるものの、金利の見直しがされないため、現実的には高い利息を払い続けることになります。

銀行おまとめローンの場合、利用限度額に応じ金利が固定されているケースがあるものの、100万円を超える限度額からなどハードルは高くなります。

また、初回契約時の審査において金利が設定される場合、契約時の金利が適用され続けるため、信用度が高くなっても金利条件の契約更新に至ることは稀なケースになります。

そのため、利用限度額を増額するよりもより低い金利で契約出来ることが重要です。

結果として、金利条件の見直しがされない場合、一度完済をしてしまい、別のおまとめローンを契約した方が低い金利になる可能性があるため、契約更新の際は利用限度額よりも金利条件の見直しに注目することが重要です。

おまとめローン審査の必要書類はなにか?

おまとめローンの申し込みに必要な書類は?

おまとめローンに申し込むには、必用な書類があります。それは大きく分けると2つの種類があります。1つは本人確認書類、もう1つは所得証明書類です。

特に、本人確認書類は必ず必要になります。

所得証明書類は、借入額が少ない場合は省略されることもありますが、本人確認書類は省略されることはありません。必ず必要になります。

では、本人確認書類とは何でしょうか。

多くのおまとめローン会社では、以下のものが本人確認書類とされています。
・運転免許証
・パスポート
・各種健康保険証
・住民基本台帳カード
・在留カード
・外国人登録証明書
・特別永住証明書

これ以外にも会社によっては本人確認書類としているものもありますので、申し込みをするおまとめローン会社で確認するようにしましょう。

上記のうち、運転免許証またはパスポートがあればベストです。

なぜならこれらには、審査を受ける際に必須とされる情報すなわち名前、年齢、住所すべてが確認できるからです。

さらに顔写真もついているので、これさえあれば他のものは必要ないとしている会社も多いです。逆に、運転免許証もパスポートもない場合は、複数の書類を提出するよう求められます。

必用な書類の種類も組み合わせも会社によって異なるので、自分が申し込みをしようとする会社で事前に確認するようにしましょう。

おまとめローンの必要書類は意外と少ない

おまとめローンの必要書類は意外と少ないです。ほとんどのおまとめローンではたったの2つだけです。その2つとは身分証明書と収入証明書です。

身分証明書は免許証や健康保険証を使います。そのため、役所などに書類を発行してもらいに行く必要はなく、手元にあるものを使えますのですぐに手続きができます。

もう1つ収入証明書は源泉徴収票などです。消費者金融ならば給与明細も使える場合があります。給与明細を使うときは、最近の2ヶ月分などを提出することになりますが、ボーナスの金額が反映されませんのでできれば源泉徴収票がいいです。

源泉徴収票は会社の人に発行を依頼しないといけない場合がありますので要注意です。収入証明書は借入れ希望の金額によっては提出が不要になることもありますのでしっかりと確認しましょう。

最近のおまとめローンは必要書類をスマホのカメラで撮影して画像をオンラインで送信して提出できますので郵送する必要がありません。すぐに提出できて便利です。

おまとめローンの返済方法を分かりやすく解説!

自分の好みから選べるおまとめローンの返済方法

おまとめローンの返済に関してはその借入先に応じて異なっている部分もありますが、いつでも自由に返済する随時返済と呼ばれる方法と毎月決まった期日に返済をする約定返済と呼ばれる方法に大別することができます。

特に随時返済の場合、お金に余裕があるときにこまめに返済をしていけば月々の利息を軽減できるという大きなメリットがあります。

また、約定返済の場合には毎月、決まった期日に勝手に自動的に返済が行われるので返済を忘れてしまうといったミスを防ぐことができるので、おまとめローンの滞納が不安だという人には約定返済の方が安心だと思われます。

また、おまとめローンでは口座引き落とし、インターネットバンキング、店頭窓口での返済、ATMからの返済に対応しているのが一般的です。

そのため、自分の好みに合った方法で返済の仕方を選べるというメリットがあります。なかでもおすすめなのがATMでの返済です。おまとめローンでは利息の計算は日割りで行われるので少しでも早く返済をすればその分だけ利息の負担が減ることになるからです。

ATMはコンビニエンスストアや銀行などあらゆるところに設置されているので、お金に余裕があるときにいつでも返済できるため、利息の負担を減らしたいという人には大きなメリットがあるのです。

おまとめローンの返済方法

おまとめローンの返済方法ですが、指定した口座からの引き落とし方法があります。おまとめローンの会社にもよりますが口座からの引き落としが選べるのであれば是非そちらわおすすめします。

理由は自動的に引き落としされるのでまず返済忘れがないと言うことです。まず返済し忘れがおまとめローンにおいて一番してはいけないことです。信用問題にも関わってきますのでその忘れる予防策になります。まずは口座に入金をしておくことが必要ですが。

そして引き落としが対応していないおまとめローンでは返済の仕方を事前に確認しておくことです。例えばおまとめローン会社の店舗でしか借り入れ、返済が出来ないという場合もありますのでその場合は店舗の営業時間も調べておかないといけないですし、もしも店舗に行けなくて返済出来ないというハプニングも十分ありえる話です。

良いのはコンビニATMでの利用が可能なおまとめローンです。コンビニATMで利用出来れば営業時間も気にせずに行けますし便利だと思います。”

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !