まずはまわりの人にあなたが◎◎の専門家ということ知らせなさい

独立後にまず頭を悩ますのが「集客」です。
ですから独立前にこの「集客」の道筋だけでも付けておかなくてはいけません。

そこで、あなたが毒利前に行っておかなければいけないのは
あなやがまわりの人から「あの人は◎◎の専門家だ!」
と認識されるようにしておきましょう。

口コミの力はすごく強力です。
まして、あなたのまわりの人はみんなあなたとは面識のある人ばかりです。
あなたが◎◎の専門家だと知っていれば、独立後はあなたの強力な営業マンになる可能性があるからです。

あなたが
・自分の得意なこと
・他の方に役に立つこと
を日頃から首位にアピールしておきましょう。
在職中は個人的に相談することが出来なくても独立後なら正々堂々と相談できます。

ポイントは「なんとなく?」という程度でもかまわないということです。
あなたが会社のホームページ作成に携わったのならばそのことを積極的にアピールしておきましょう。
あなたが会社の経理でこんなことをこんな風に解決したことを周囲にアピールしておきましょう。
もちろん、会社の機密事項は教えては問題ですが・・・

あなたのまわりの人はさらに他のたくさんの人とかかわっています。
その人たちから日常的にいろんな相談を受けています。
そんな時に
「あ?◎◎といえばあの人が詳しいぞ」
と主出してもらえれば紹介してくれう可能性はグッと上がります。

まあ、少しは誇張してもいいかもしれません。
もともとあなたの真有の人はそのことに関して詳しくはありません。
ですからちょっとしたことでも「やっぱり、あの人は◎◎に関してはすごい」というイメージさえ作りあげればいいのです。

きっとそれは簡単なこともあれば、難しい難題のこともあります。
それを一つ一つこなしていけばきっとあなたの独立後の仕事は何もしなかった場合と比べてかなり楽になっていくはずです。

あなたはなにの専門家といえますか?
それをきちんとまわりの人にアピールしていますか?
それが独立後の仕事と少しでも関連するのなら積極的にそれをアピールすることも考えておいてくださいね。

ポケットワーク 評判

独立した会社のホームページを作る時に気を付けること

いまはなんといってもインターネットと事業は切り離せません。
ですから独立を考えているなら、独立後の自社のホームページを作ることは避けられません。
しかし、とりえあえず作ったホームページではなんの利益もそこからは生まれません。
何も考えずに作ったホームページではお金をどぶに捨てるようなものです。
しかし、そこで高額なお金を投じて立派なホームページを作ろうと考えているなちょっと考え直してみてくださいね。

■ 金額とホームページのアクセスは比例しない
確かに高いお件をかけて作成したホームyページはおしゃれできれいでかっこいいものです。
高いお件をかけて依頼したホームページ制作会社から納品されたホームページの出来栄えにきっとあなたは自己満足してしまうでしょう。
でも、それをアップ(一般公開)してからあなたが思うのは
「あれ?全然 ホームページからの問い合わせがないぞ・・・」
という厳しい現実です。

【大切なことはホームページ制作会社にあなたの会社の想いや強みを伝えること】
実はホームページ会社にはたくさんの会社のホームページを作成しているので、予めある程度のテンプレート的なものがあります。
そこにあなたが独立して作った会社の写真や商品の写真や文章を適当に入力して終わりです。
まずそこには熱い想いがありませんし、そのホームページをみたお客様もわざわざ問い合わせや商品購入するまでのいきっかけにはなりません。
しかし、それもある意味仕方ないのです。
なぜなら、ホームページ制作会社に
あなたの会社の強み
あなたの会社の商品のセールスポイント
なんてわからないのです。

あるラーメン店の方はホームページ制作会社に何度も自分のラーメンを食べさせました。
ある美容サロンはホームページ制作会社の担当者に無料でサービスを受けさせました。
そのうえでホームページ制作を開始させたのです。
それくらいのことまでしなくて、お客様に伝わるホームページは制作できません。
また、多くのエンジニアは技術ばかりに目を奪われてかキャッチコピー力などかけらまない人も少なくありません。

【結論】
おまかせで作ったホームページなどクソの役にも立ちません。
介護職 やってられない