最近は成功している女性起業家が目立つ

最近はいzンと比べて女性が起業独立する方が多いように思います。
そして男性よりも女性のほうが成功している確率が高いようにも感じます。
それはなぜでしょうか?

私の知り合いの女性は子育ても終えて、そこそこの年齢になってから起業独立しました。
彼女の強い点パは子育てや主婦の生活を何十年も経験したことで、主婦目線で物事が見えるという点です。
この世の中、ほとんどの商品は主夫が一番重要な決断sン派です。
お金を出すのは夫でも最終決定権は主夫にあるのです。
でも、それが男性にはわかりあm線。
小難しく考えすぎますし、机上での調査ばかりです。
彼女は新しい商品を開発した時には実際に試用してもらって率直な意見や改良点を求めていました。
しかし、そのあたりは男性はやはりプライドも会って素直に意見を他人に求めることはできあm線。
ましてその商品のターゲットが自分より下の世代であったのならばなおさらです。

良い意味で女性は図々しい方が多いものです。
わからないことは素直に聞いてきます。
男性がは意外と人に質問することが苦手なのです。
若い男性ならまあしも、祖底の年齢にもなってそこそこの役職になっていれば
「こんなことも知らないのか?と
ばかにされないか?」
と不安になるのです。
男性と女性ではそこでスピードの差が生まれてしまいます。

男性はなんでも自分ひとりでやりたがりあmす。
それに比べて女性のほうが人に頼ることがうまいのには驚かされます。
女性のほうが自分の「できること」「できないこと」「特異なこと」「苦手なこと」をきっちりと把握している気がしてならないのです。
自分の「できないこと」「苦手なこと」を他人に話したり相談することにあまり躊躇することはありません。
だからこそ行動がとても速いのです。

あるけふぇの女性オーナーは
「地元にお洒落なカフェがなかったから」
ただそれだけでなんと自分でカフェをおーオウンさせてしまいました。
案の定、大繁盛でいまではアルバイトもたくさん雇うほどです。
男性ならここまでパパっと決断はできません。
腰痛 マットレス モットン 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です