最近は成功している女性起業家が目立つ

最近はいzンと比べて女性が起業独立する方が多いように思います。
そして男性よりも女性のほうが成功している確率が高いようにも感じます。
それはなぜでしょうか?

私の知り合いの女性は子育ても終えて、そこそこの年齢になってから起業独立しました。
彼女の強い点パは子育てや主婦の生活を何十年も経験したことで、主婦目線で物事が見えるという点です。
この世の中、ほとんどの商品は主夫が一番重要な決断sン派です。
お金を出すのは夫でも最終決定権は主夫にあるのです。
でも、それが男性にはわかりあm線。
小難しく考えすぎますし、机上での調査ばかりです。
彼女は新しい商品を開発した時には実際に試用してもらって率直な意見や改良点を求めていました。
しかし、そのあたりは男性はやはりプライドも会って素直に意見を他人に求めることはできあm線。
ましてその商品のターゲットが自分より下の世代であったのならばなおさらです。

良い意味で女性は図々しい方が多いものです。
わからないことは素直に聞いてきます。
男性がは意外と人に質問することが苦手なのです。
若い男性ならまあしも、祖底の年齢にもなってそこそこの役職になっていれば
「こんなことも知らないのか?と
ばかにされないか?」
と不安になるのです。
男性と女性ではそこでスピードの差が生まれてしまいます。

男性はなんでも自分ひとりでやりたがりあmす。
それに比べて女性のほうが人に頼ることがうまいのには驚かされます。
女性のほうが自分の「できること」「できないこと」「特異なこと」「苦手なこと」をきっちりと把握している気がしてならないのです。
自分の「できないこと」「苦手なこと」を他人に話したり相談することにあまり躊躇することはありません。
だからこそ行動がとても速いのです。

あるけふぇの女性オーナーは
「地元にお洒落なカフェがなかったから」
ただそれだけでなんと自分でカフェをおーオウンさせてしまいました。
案の定、大繁盛でいまではアルバイトもたくさん雇うほどです。
男性ならここまでパパっと決断はできません。
モットン 口コミ

独立前の「無料相談」で「人」「お金」「情報」を集めなさい

「無料相談」で「人」「お金」「情報」を集める。
これは独立を目指す人の多くが行っていることです。
まあ、言い換えれば独立のための種まきですよね。

経験も積んだ
勉強もした
資格もとった

しかし、まだまだ経験も勉強も不足しているのも現実です。
そこでいきなり
「お金をもらおう」
ではなく無料相談から始めるのです。

教えられる立場から教える立場に
お金を支払う立場からお金も貰う立場に
その中間に位置づけられるんもが無料相談なんです。

無料相談の形でスタートすれば多少の失敗は「無料だから」という逃げ道もあります。
もちろん無料だからと言って手を抜くのは言語道断ですけどね。

とにかく無料相談でお客様の悩みがどこにあるのか?
どんなお客様が多いのか?
これは独立前に必ず把握しておかないといけないポイントです。
おそらく独立を考え出した頃のターゲットやニーズとはかなりかけ離れていることでしょう。
そんな美味しいお客さんなんかなかなか現れないものです。

今の時点での
クオリティを高める方法
ニーズを満たす方法
を独立前から実験していくのです。

■駆け出しのころは「何でも屋」も覚悟しなさい

独立するのは前職の延長ですか?
それとも全くの異業種ですか?

今一度ここで冷静になってください
なぜお客さんはあなたに仕事を依頼するのでしょうか?
その理由はまだあなたにもわかっていないでしょう。
そして
何が自分の強みなのか?
それも漠然とぼんやりしていると思います。
しかもその多くは自分の自覚しているものとはかけ離れていることが多いのです。
あなたが自分で考えている強みが必ずしもお客様が勧化ているあなたの長所とは限らないのです。

だからこそ独立したての駆け出しのことには「何でも屋」になりましょう。
仕事を選ばずに何でもやりましょう。
意外なビジネスのヒントがそこにあるかもしれないのですから・・・・

無料相談で少々自分の想定している業務とは違う分野でも積極的に解決していく努力をしていけば
「この人、こんなことまで解決してくれた」
「この人、こんなこともできるんだ!」
それが独立後の顧客開拓に役に立ちますよ。
ささみサロン 評判

意外と値下げよりも値上げで売れることもある

これから独立を目指す方に知っておいて欲しいのが売れない時に「最終的に値下げする」ことだけに逃げないことも知っておいて欲しい。
値下げだけが商品を売りやすくする方法とは限らんばいのである。
言い換えると値上下の告知が心理的脅迫効果を利用する方法もあるのです。
値下げは売るほうにとってはそれ以降、利益が少なくなってしまうことですが、日時を指定してあえて値上げ宣言をすることで利益が下がることはありません。
子の販売手法は今までその商品に関心はあるが購入魔d寧は至らなかった顧客にアピールすることができます。
この手法はいわゆる定番商品ではなく季節ものの商品のサイクルが短い場合に有効な手法です。

でも値上げの理由がないとお客も納得してくれません。
そんな場合は商品の希少性をアピールするの有効です。
つまり、あえて多くは売りたくない(あくまでポーズだけど)姿勢を演出するのです。

■実質的な値上げをこっそり行う
キャラメルに溝があるのをご存知ですか?
このキャラメルの溝は原材料の値段に応じてその深さを調節していることを知っていましたか?
おろらく多くの方はそこまで考えずにキャラメルを食べていることでしょう。
キャラメルの溝で原材料の原価を調節しているのです。
※現在では量の調整には使われていないらしいですが・・・
昔の手法であってもその着眼点には驚かされます。
最初に考え出した人はすごいですよね。
あなたのこれから独立するビジネスになにか生かせることはないですかね?
なにも商品にこだわるだけではありあmせん。
営業時間や営業日でも短縮することで実質の値上げという場合もあります。
例えば独立するビジネスがスポーツジムならば月に2か休館日を設けることでインストラクターの人件費もおpさ得られます。
月に2日きゅかんびを設けたことでスポーツジム利用料の値下げを言ってくる利用者はあまりいないと思います。
1か月ではそんな大きな効果にみえなくても1年単位で考えればその金額は馬鹿にならないと思います。
猫 マンション 転落防止