意外と値下げよりも値上げで売れることもある

これから独立を目指す方に知っておいて欲しいのが売れない時に「最終的に値下げする」ことだけに逃げないことも知っておいて欲しい。
値下げだけが商品を売りやすくする方法とは限らんばいのである。
言い換えると値上下の告知が心理的脅迫効果を利用する方法もあるのです。
値下げは売るほうにとってはそれ以降、利益が少なくなってしまうことですが、日時を指定してあえて値上げ宣言をすることで利益が下がることはありません。
子の販売手法は今までその商品に関心はあるが購入魔d寧は至らなかった顧客にアピールすることができます。
この手法はいわゆる定番商品ではなく季節ものの商品のサイクルが短い場合に有効な手法です。

でも値上げの理由がないとお客も納得してくれません。
そんな場合は商品の希少性をアピールするの有効です。
つまり、あえて多くは売りたくない(あくまでポーズだけど)姿勢を演出するのです。

■実質的な値上げをこっそり行う
キャラメルに溝があるのをご存知ですか?
このキャラメルの溝は原材料の値段に応じてその深さを調節していることを知っていましたか?
おろらく多くの方はそこまで考えずにキャラメルを食べていることでしょう。
キャラメルの溝で原材料の原価を調節しているのです。
※現在では量の調整には使われていないらしいですが・・・
昔の手法であってもその着眼点には驚かされます。
最初に考え出した人はすごいですよね。
あなたのこれから独立するビジネスになにか生かせることはないですかね?
なにも商品にこだわるだけではありあmせん。
営業時間や営業日でも短縮することで実質の値上げという場合もあります。
例えば独立するビジネスがスポーツジムならば月に2か休館日を設けることでインストラクターの人件費もおpさ得られます。
月に2日きゅかんびを設けたことでスポーツジム利用料の値下げを言ってくる利用者はあまりいないと思います。
1か月ではそんな大きな効果にみえなくても1年単位で考えればその金額は馬鹿にならないと思います。
にゃんがーど 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です