立つ鳥跡を濁さず!独立はきちんと引継ぎしてから

独立することが決まったらもう気持ちは独立後のことばかりですよね。
でも、気を付けて欲しいのは
立つ鳥跡を濁さず
きちんと引継ぎをしなければなりません、
おそらく独立する仕事は今の仕事や業界になんらかの関係があるはずでは?
もしかしたら独立後も何らかの手助けなどが必要になることもあります。
また悪評が経ってはいけません。
きちんと引継ぎを行いましょう。

■引継ぎ・残務処理のスケジューリング
独立のための退職日が決まったら上司と相談して引継ぎの段取りやスケジュールを考えましょう。
通常退職の1か月ほど前から1週間前までの期間を目安に業務の引き継ぎをし、また引き継ぐべき事柄を整理しておきましょう。
スムーズな引継ぎをするために引継ぎノーとなる物を作っておくこともお勧めです。
仕事の内容や手順、資料の保管場所から収集方法まできるだけ詳しく書いたノートを作成し、これをもとに引き継ぐ相手に説明していきます。
どうして引継ぎノートを作成するかというと、引き継ぐ相手からすれば1回の説明では覚えきれないことが多いのです。
あなたが独立退職後に以前いた会社の引継ぎ担当者から何度も何度も電話連絡があれば独立後の仕事にも大きく影響します。
そのたえにも引継ぎノートを作成して説明後にもそのノートをもとに引継ぎ担当者が困らないようにしてあげましょう。
ソラノメ 口コミ

■後任者を連れての車内や社外の取引先のあいさつ回り
後任者を連れてのあいさつ回りは社内の関係部署だけでなく社外の取引先にまわる時に大切なことは
後任者を立て自分はわき役に回る心配りも大切です。

①引継ぎの手配を上司と相談する・
②引継ぎノートを作る
③業務全体と車内での位置づけの説明
④業務内容の詳細説明
⑤個別業務のポイントと進捗状況
⑥個別業務同士の優先順位
⑦個別業務ごとのトラブル発生例とその対処法
⑧個別業務ごとの今後の見通し
⑨必要書類・資料の所在と保存法と活用法
⑩書類の書式と書き方
⑪参考図書・雑誌・新聞等情報源
⑫業務に関連する人脈(者に¥社外)
⑬取引先別仕事の経緯と業務のポイント
⑭取引先担当者の人柄・子のみ・接待に使う店
⑮取引先別起こりやすいトラブルと対処法
⑯先輩や上司の性格と付き合い方(社内)
⑰自分の独立後の連絡先
⑱これらをまとめた引継ぎノートの所在
⑲後任者を連れてのあいさつ回り
⑳挨拶状の印刷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です