お客さんの心をわし掴みにするには「歴史」と「ウンチク」を語れ

もし、あなたが独立後に販売する商品やサービスが独占的な物ではないのなら
他社でも?他店でも?売っている物なら気を付けて欲しいことがあります。
それは
「お客さんは単にその商品を買うのではなく、その商品の歴史やウンチクに大きく影響される」
ということである。

ホッチキス販売の最大手会社にマックスというカビ式会社があります。
そこのホームページには
ホッチキスの発明者
ホッチキス発明の経緯
ホッチキスの構造
ホッチキスの進化の歴史
などなどウンチクがたくさん紹介されています。
いつも普通に使っているホッチキスですが、その歴史や経緯を知ればなんとなくホッチキス自体に愛着がでてきます。
ちなみにホッチキスは商品名で正しい英語は「Stapler」です。
しかし今では「ホッチキス」=「マックス」というのが普通の常識です。
まあ、ここまでくれば絶対的強者の立場は揺らぐことはありません。

■独立を考えた時にその会社の自社ホームページの構成に頭を悩ませていませんか?
多くの会社が自社ホームページの構成に頭を悩ませています。
たんなる
・会社概要
だけではあまりアクセスの集まることは無いからですし、またそのホームページから売り上げがあがることは期待できません。

■ホームページには鳥篤明商品の歴史やウンチクも役に立つ

ホームページで毒いつ後の会社で取り扱う商品やサービスの「歴史」やあまり知られていない「ウンチク」を紹介していくのもはいかがでしょうか?
また
「便利な使い方」「意外な利用法」なども
いいかもしれません・
そんな会社ならば親切な会社として直接的にしろ間接的に好印象が得られます。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

■独立後の会社で取り扱う商品やサービスの「歴史」や「ウンチク」を語り、その道のプロであることをアピールせよ

どうして独立後の階差hで取り扱う「商品」や「サービス」の歴史やうんちくをホームページやブログ、」SNSで語るのか?
それは「あなたがその道のぷろであること」を相手に直接的にしろ間接的にしろ、キチンと認識させることがもくてきです。

その歴史やうんちくを見たり読んだ人が
「へぇ~」
「ホォ~」
「なるほどね」
なんて感じればもうあなたはその道の詳しい人 つまりその道のプロとして認識されますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です