立つ鳥跡を濁さず!独立はきちんと引継ぎしてから

独立することが決まったらもう気持ちは独立後のことばかりですよね。
でも、気を付けて欲しいのは
立つ鳥跡を濁さず
きちんと引継ぎをしなければなりません、
おそらく独立する仕事は今の仕事や業界になんらかの関係があるはずでは?
もしかしたら独立後も何らかの手助けなどが必要になることもあります。
また悪評が経ってはいけません。
きちんと引継ぎを行いましょう。

■引継ぎ・残務処理のスケジューリング
独立のための退職日が決まったら上司と相談して引継ぎの段取りやスケジュールを考えましょう。
通常退職の1か月ほど前から1週間前までの期間を目安に業務の引き継ぎをし、また引き継ぐべき事柄を整理しておきましょう。
スムーズな引継ぎをするために引継ぎノーとなる物を作っておくこともお勧めです。
仕事の内容や手順、資料の保管場所から収集方法まできるだけ詳しく書いたノートを作成し、これをもとに引き継ぐ相手に説明していきます。
どうして引継ぎノートを作成するかというと、引き継ぐ相手からすれば1回の説明では覚えきれないことが多いのです。
あなたが独立退職後に以前いた会社の引継ぎ担当者から何度も何度も電話連絡があれば独立後の仕事にも大きく影響します。
そのたえにも引継ぎノートを作成して説明後にもそのノートをもとに引継ぎ担当者が困らないようにしてあげましょう。
ソラノメ soranome 口コミ

■後任者を連れての車内や社外の取引先のあいさつ回り
後任者を連れてのあいさつ回りは社内の関係部署だけでなく社外の取引先にまわる時に大切なことは
後任者を立て自分はわき役に回る心配りも大切です。

①引継ぎの手配を上司と相談する・
②引継ぎノートを作る
③業務全体と車内での位置づけの説明
④業務内容の詳細説明
⑤個別業務のポイントと進捗状況
⑥個別業務同士の優先順位
⑦個別業務ごとのトラブル発生例とその対処法
⑧個別業務ごとの今後の見通し
⑨必要書類・資料の所在と保存法と活用法
⑩書類の書式と書き方
⑪参考図書・雑誌・新聞等情報源
⑫業務に関連する人脈(者に¥社外)
⑬取引先別仕事の経緯と業務のポイント
⑭取引先担当者の人柄・子のみ・接待に使う店
⑮取引先別起こりやすいトラブルと対処法
⑯先輩や上司の性格と付き合い方(社内)
⑰自分の独立後の連絡先
⑱これらをまとめた引継ぎノートの所在
⑲後任者を連れてのあいさつ回り
⑳挨拶状の印刷

お客さんの心をわし掴みにするには「歴史」と「ウンチク」を語れ

もし、あなたが独立後に販売する商品やサービスが独占的な物ではないのなら
他社でも?他店でも?売っている物なら気を付けて欲しいことがあります。
それは
「お客さんは単にその商品を買うのではなく、その商品の歴史やウンチクに大きく影響される」
ということである。

ホッチキス販売の最大手会社にマックスというカビ式会社があります。
そこのホームページには
ホッチキスの発明者
ホッチキス発明の経緯
ホッチキスの構造
ホッチキスの進化の歴史
などなどウンチクがたくさん紹介されています。
いつも普通に使っているホッチキスですが、その歴史や経緯を知ればなんとなくホッチキス自体に愛着がでてきます。
ちなみにホッチキスは商品名で正しい英語は「Stapler」です。
しかし今では「ホッチキス」=「マックス」というのが普通の常識です。
まあ、ここまでくれば絶対的強者の立場は揺らぐことはありません。

■独立を考えた時にその会社の自社ホームページの構成に頭を悩ませていませんか?
多くの会社が自社ホームページの構成に頭を悩ませています。
たんなる
・会社概要
だけではあまりアクセスの集まることは無いからですし、またそのホームページから売り上げがあがることは期待できません。

■ホームページには鳥篤明商品の歴史やウンチクも役に立つ

ホームページで毒いつ後の会社で取り扱う商品やサービスの「歴史」やあまり知られていない「ウンチク」を紹介していくのもはいかがでしょうか?
また
「便利な使い方」「意外な利用法」なども
いいかもしれません・
そんな会社ならば親切な会社として直接的にしろ間接的に好印象が得られます。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

■独立後の会社で取り扱う商品やサービスの「歴史」や「ウンチク」を語り、その道のプロであることをアピールせよ

どうして独立後の階差hで取り扱う「商品」や「サービス」の歴史やうんちくをホームページやブログ、」SNSで語るのか?
それは「あなたがその道のぷろであること」を相手に直接的にしろ間接的にしろ、キチンと認識させることがもくてきです。

その歴史やうんちくを見たり読んだ人が
「へぇ~」
「ホォ~」
「なるほどね」
なんて感じればもうあなたはその道の詳しい人 つまりその道のプロとして認識されますからね。

独立前の「無料相談」で「人」「お金」「情報」を集めなさい

「無料相談」で「人」「お金」「情報」を集める。
これは独立を目指す人の多くが行っていることです。
まあ、言い換えれば独立のための種まきですよね。

経験も積んだ
勉強もした
資格もとった

しかし、まだまだ経験も勉強も不足しているのも現実です。
そこでいきなり
「お金をもらおう」
ではなく無料相談から始めるのです。

教えられる立場から教える立場に
お金を支払う立場からお金も貰う立場に
その中間に位置づけられるんもが無料相談なんです。

無料相談の形でスタートすれば多少の失敗は「無料だから」という逃げ道もあります。
もちろん無料だからと言って手を抜くのは言語道断ですけどね。

とにかく無料相談でお客様の悩みがどこにあるのか?
どんなお客様が多いのか?
これは独立前に必ず把握しておかないといけないポイントです。
おそらく独立を考え出した頃のターゲットやニーズとはかなりかけ離れていることでしょう。
そんな美味しいお客さんなんかなかなか現れないものです。

今の時点での
クオリティを高める方法
ニーズを満たす方法
を独立前から実験していくのです。
宅配型 トランクルーム 比較

■駆け出しのころは「何でも屋」も覚悟しなさい

独立するのは前職の延長ですか?
それとも全くの異業種ですか?

今一度ここで冷静になってください
なぜお客さんはあなたに仕事を依頼するのでしょうか?
その理由はまだあなたにもわかっていないでしょう。
そして
何が自分の強みなのか?
それも漠然とぼんやりしていると思います。
しかもその多くは自分の自覚しているものとはかけ離れていることが多いのです。
あなたが自分で考えている強みが必ずしもお客様が勧化ているあなたの長所とは限らないのです。

だからこそ独立したての駆け出しのことには「何でも屋」になりましょう。
仕事を選ばずに何でもやりましょう。
意外なビジネスのヒントがそこにあるかもしれないのですから・・・・

無料相談で少々自分の想定している業務とは違う分野でも積極的に解決していく努力をしていけば
「この人、こんなことまで解決してくれた」
「この人、こんなこともできるんだ!」
それが独立後の顧客開拓に役に立ちますよ。